【コテージ1泊体験レポート】丸森町の不動尊公園キャンプ場

子連れのお出かけ情報

一足早い夏休みということで、7月の金・土曜日を使って家族3人で丸森町の不動尊公園キャンプ場のコテージで1泊してきました。

2歳児を連れてでも楽しめるかなど、ママ目線でまとめました。コテージ内部の様子をたっぷりの写真とともにお伝えします。

スポンサーリンク

不動尊公園キャンプ場の概要とアクセス

「不動尊公園キャンプ場」は丸森町にある、町営のキャンプ場です。日帰りのバーベキューからテントを使った本格キャンプが楽しめます。

場所は、丸森町の中心部から西に進んだ山の中にあります。家も何もない道を進むのでちょっと不安になると思いますが、1本道なので間違うことは少ないと思います。駐車場やキャンプ場入口が少しわかりにくいので、事前にストリートビューなどで確認しておいた方がいいです。

施設情報
名称不動尊公園キャンプ場(ふどうそんこうえん)
所在地〒981-2116 宮城県伊具郡丸森町字不動64-1
電話0224-72-2646
Fax0224-86-5040
予約受付時間9時00分~17時00分
駐車場あり
公式サイトhttp://marumori.jp/spot/fudosoncampjyo/

スポンサーリンク

不動尊公園キャンプ場のエリアは2つ

キャンプ場は大きく2つのエリアに分かれます。事務棟がある入口付近が第一キャンプ場、川を渡った反対側が第二キャンプ場です。今回泊まったコテージは、第二キャンプ場の一角にあります。

引用元:公式サイト

どちらのエリアも、車を乗り入れることはできないので、事務棟でキャリアカーを借りて荷物を一気に運ぶ必要があります。キャンプで一番大変だったところです。

マイマイ
マイマイ

川を渡るときは、吊り橋一択!!
大人2人+2歳児で河床路を渡って痛い目を見ました。渡り切った後、ずっと上り坂が続いて、汗だくになりながら運びました。

スポンサーリンク

コテージはこんな感じ

今回利用したのは、4人用のコテージです。いくつかありますが、どの棟でも同じ作りになっています。外には釜戸が付いているので、食材を持ち込めば簡単にバーベキューができます。

バルコニー

外で使えるイスとテーブルが置いてあります。釜戸で使う場合は移動させます。

室内

居間のような畳の部屋と、床板のキッチン・お風呂・トイレのエリアに分かれてます。

4人部屋だったので、2段ベッドが1つでした。布団は4組。2人→ベッド、2人畳みの想定で作られてます。

設備

設備は比較的キレイでした。トイレやお風呂も掃除が行き届いていて、不快に思うことはありませんでした。これまでの利用者さんに感謝です。

マイマイ
マイマイ

虫が大の苦手でちょっと心配していたけど、清潔感があって虫も出なくて快適でしたよ。

トイレ

なんと、洋式でウォシュレットタイプ!!ここまでと思っていなかったので感動しました。ちなみに、写真に写っているタオルとトイレットペーパーは付いていました。

お風呂

1人暮らし向けの賃貸にあるようなユニットバス。1坪もないので少し狭いですが、湯船にお湯を溜められるのでゆっくりすることもできます。

バスマジックリンは付属品です。(使い終わったら掃除必須)

キッチン

流し台とガス台・家電類がちょっと離れています。

流し台
ガス台・家電類
キッチン用品

広くはないですが、1人で作業するには十分な大きさです。鍋やフライパンをはじめ、最低限の調理器具と食器は置いてあります。ガス台側に外の釜戸があるので、そこの窓を開けると物の受け渡しが楽でした。

スポンサーリンク

持ち込んだもの

  • クーラーボックス
  • 着替え・パジャマ
  • 虫よけ・蚊取り線香
  • バーベキュー用の網・トング・着火剤
  • 食料品(肉、野菜、米、お酒、ソフトドリンク)
  • 紙皿・紙コップ
  • シャンプー・リンス・石鹸
  • ランタン
持って行って大正解だったもの
◆1回も虫に刺されなかった、最強の虫よけスプレー

子供にも使えるイカリジンがメイン成分の虫よけスプレー。蚊の他、アブやマダニにも効きます。キャンプに限らず公園やお散歩などの日常でも使えるので、お子さんがいる家庭なら1本持っておきたい製品。

◆キャンプの雰囲気を高めてくれるオイルランタン

日が沈んだバルコニーでこのオイルランタンを灯して、揺らめく炎と星空を見ながらビールをプシュツ。最高の時間でした。付属のオイルには天然のハーブが配合されていて、虫よけ効果があります。香りもいいので、リラックスもできました。

スポンサーリンク

持っていけばよかったもの

設備や備品は一通りあるので、最低限の荷物でも十分楽しめるのですが、もっと快適にするためにあったらよかったなと思ったものもありました。

日用品

食器を拭く布巾・スポンジ

コテージ内にもありましたが、どのように使われたかわからないところがちょっと気になりました。今回は持って行かなかったのでコテージの物を使いましたが、持っていった方が安心です。

ピーラー、包丁、ざる・ボウル

コテージ内にありますが、切れ味がイマイチだったり慣れてなくてすごく使いづらかったです。ざるは目が粗くて米を研ぐのには向いていない…..現地で調理するつもりなら、普段使っているものを持っていく方が良いです。

電気スタンド(デスクライト)

室内の電気は結構明るいです。子供が先に寝ちゃうと点けるの迷うほどです。なので、小さなお子さん連れで利用する場合は、デスクライトのような手元が照らせる電気スタンドがあると便利です。

おもちゃやアウトドアグッズ

水陸両用の靴

アウトドア用の水陸両用靴を持っていくと便利です。いいです。サンダルで行きましたが、川の中の石が滑りやすくなっているところがあるので、裏がゴムのアウトドア用の靴だと滑らなくていいです。

UNOやトランプ、ジェンガなど

お子さんが年中~小学校くらいだったら、、室内で皆が遊べるものがあると夜まで楽しめます。手持ち花火を持ち込んでいるグループもありました。すごく楽しそうでしたよ。

スポンサーリンク

不動尊公園キャンプ場に一晩泊まった感想

自然の中で時間を気にせずのんびりとすごく贅沢な時間を過ごせました。コテージ前の小川に入ったり、夜バルコニーで星空を見上げながら飲んだり、家ではできない事が出来ました。毎年の恒例行事にしたくらい良かったですよ。

マイマイ
マイマイ

山の中で周りに明かりがないので、星空が本当にきれい!!感動ものでした。ぜひ見て欲しいです。

スポンサーリンク

キャンプデビューなら丸森町の不動尊公園キャンプ場で決まり

お風呂もトイレもあって快適に過ごせるので、キャンプデビューに最適な場所です。「夏休みの思い出作りに」「子供に自然を体験をさせたい」、丸森町不動尊公園のキャンプ場ならそんな願いが叶えられます。

周りもお子様連れが多くて、多少うるさくても気になりません。小さなお子様連れだったら、コテージを借りた方が楽しめます。

スポンサーリンク

土日は埋まりやすいので早めの予約が吉

6月の時点で、コテージの7月・8月の土日は満室でした。予約するなら早めがオススメです。

コテージと第二テントサイトの宿泊は専用ページから予約できます。
予約サイト→https://fudosoncampjyo.eyado.net/

日帰りバーベキュー等の予約は電話(0224-72-2646)or FAXで予約です。

この記事を書いた人
マイマイ

2016年12月生まれの男児を育てる三十路ママ。生後6か月で復帰し時短勤務中です。平日はほとんどワンオペ。昼休憩や寝かしつけ後など隙間時間でブログをこなしています。日々の家事は必要最低限のみです。
お出かけスポット情報や自立を促す子育て方法など実体験をもとにまとめています。

ツイッターもやってます
子連れのお出かけ情報
みやぎで暮らす
タイトルとURLをコピーしました